リスクを抑えて損失を回収するココモ法

投資もギャンブルも、利益を増やす近道は損失を減らすことと言えます。
それは、オンラインカジノでも変わりません。

損失を取戻す手法にはマーチンゲール法がありますが、その他にマーチンゲール法の改良版とも言える「ココモ法」があります。
目的が同じであることから、この2つの手法は比較されることがよくあります。

ココモ法は賭け金を大きく増やしていくやり方ではないため、マーチンゲール法ほどのプレッシャーを感じなくて済みます。
また、成功した時は、マーチンゲール法と違ってある程度の利益を取れます。
つまり、リスクを抑えた上で損失額を回収し、さらに利益まで得られるという優れものの手法です。
リスクを抑えて損失を回収するココモ法

ココモ法とは

ココモ法はマーチンゲール法と同じように、1回勝つだけで損失を全て取返せます。
また、損失を取返すだけではなく、負けが続けば続くほど、勝った時の利益が大きくなるという特徴があります。

ココモ法に適したゲーム

ココモ法に適したゲーム
ココモ法はどんなゲームにでも対応できるわけではなく、適したゲームがあります。
それは、ルーレットのコラムベットやダズンベットのような配当が3倍のゲームです。
なお、負けると賭け金を増やしていくため、なるべくテーブルリミットの高いゲームを選択します。

ココモ法のやり方

ココモ法は2連敗をした時点から始まります。
1ゲーム目若しくは2ゲーム目で勝った場合は、リセットして最初からスタートします。
つまり、2連敗後の3ゲーム目がスタート地点ということです。

ココモ法を始める3回目のゲームの賭け金は、前回のゲーム、前々回のゲームの賭け金を足した金額になります。
例えば、3回目は「2回目+1回目」の賭け金、4回目「3回目+2回目」の賭け金、5回目は「4回目+3回目」の賭け金になります。

仮に、賭け金を1ドルとした場合、各回の賭け金、及び負け続けた場合の累計損益は以下になります(左:賭け金、右:累計損失)
・1回目:1ドル/ー1ドル
・2回目:1ドル/ー2ドル
・3回目:2ドル/-4ドル
・4回目:3ドル/-7ドル
・5回目:5ドル/-12ドル
・6回目:8ドル/-20ドル
・7回目:13ドル/-33ドル
・8回目:21ドル/-54ドル
・9回目:34ドル/-88ドル
・10回目:55ドル/-143ドル

仮に、6ゲーム目に勝つと、16ドルが手に入るため、4ドルの利益を得ます。
同様に、9ゲームに勝てば68ドルが手に入り、14ドルの利益になります。
このように、ココモ法は負けが伸びるほど、勝った時のリターンが多くなります。

そして、一度勝ったらリセットし、最初からゲームを始めます。
これを繰返すのがココモ法です。
ココモ法のやり方

マーチンゲール法との数値の違い

賭け金の変化やリターンにおける、マーチンゲール法とココモ法の数値の違いは以下になります。
ただし、適応性の良いゲームが異なるため、マーチンゲール法は2倍配当ゲーム、ココモ法は3倍配当ゲームとしています。

9連敗後に1勝するという内容でシミュレーションします。
賭け金、累計損益ともに、左側がマーチンゲール法で右側がココモ法です。

・1回目:1ドル・1ドル/-1ドル・ー1ドル
・2回目:2ドル・1ドル/-3ドル・ー2ドル
・3回目:4ドル・2ドル/-7ドル・-4ドル
・4回目:8ドル・3ドル/-15ドル・-7ドル
・5回目:16ドル・5ドル/-31ドル・-12ドル
・6回目:32ドル・8ドル/-63ドル・-20ドル
・7回目:64ドル・13ドル/-127ドル・-33ドル
・8回目:128ドル・21ドル/-255ドル・-54ドル
・9回目:256ドル・34ドル/-511ドル・-88ドル
・10回目(勝ち):512ドル・55ドル/+1ドル・+22ドル

一目瞭然、マーチンゲール法は512ドルもの大金をつぎ込んで、得られるものは最初の賭け金の1ドルだけです。
『労多くして益少なし』になっています。

一方、ココモ法は10ゲーム目でも55ドルと、賭け金はマーチンゲール法の約10分の1でしかなく、それなのに22ドルもの利益を得られます。
費用対効果は圧倒的にココモ法の方が優れています。

ただし、注意が必要なのはマーチンゲール法は2倍配当のゲームに行うということです。
勝った時に得られる金額が少ないため、必然的に賭け金を多くせざるを得ません。
ココモ法は3倍配当のため、勝った時の獲得金の多さが賭け金の少なさに繋がっています。

しかしながら、勝つ確率が異なっており、マーチンゲール法の勝率は50%です。
つまり2回に1回は勝てる可能性があるということです。
一方、ココモ法の勝率は33%に過ぎません。
3回に1回しか勝てないため、負ける確率の方が高く、それだけ連敗の続く可能性が高くなっています。

マーチンゲール法との違いのまとめ

マーチンゲール法とココモ法では、以下の点に違いが見られます。

1)利益
マーチンゲール法は成功したとしても、得られる利益は初回の賭け金分だけです。
ココモ法では初回の賭け金以上の利益が手に入ります。

2)賭け金
マーチンゲール法は負けるごとに倍額の賭け金をつぎ込むため、負け数が増えると賭け金が限りなく膨張します。
一方、ココモ法では賭け金が急激に増えることはありません。

3)適用ゲーム
マーチンゲール法は2倍配当のゲームで行い、ココモ法は3倍配当のゲームでないと効果がありません。

4)勝率
勝つ確率はマーチンゲール法が50%、ココモ法は33%です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です