違法性がないことによる安全性

違法性がないことによる安全性

一昨年に日本でカジノの法案が国会で可決されたことで、一気にオンラインカジノの存在もクローズアップされるようになりました。
でも、カジノの合法化はあくまで、リゾートエリアなど限定された地域が対象です。
街の一角でカジノが開かれることや、そこで賭けることは、未だ違法行為として、賭博罪の対象になっています。

しかし、オンラインカジノはこの法律とは関係なく日本でもプレイヤー、愛好家が増え続けています。
それは一体どうしてなのでしょうか?

日本でのオンラインカジノの位置付けとは?

オンラインカジノはインターネットを使いカジノサイトにアクセスして、賭けることができるオンライン型のギャンブルです。
このオンラインカジノは日本では合法ではありませんが、違法でもないのです。

これはどのような解釈かと言うと、海外にあるカジノサイトを訪れてそこでギャンブルをする形態を取っているために、日本国内での賭博行為とはならないわけです。
このようなギャンブルスタイルを規制する法律が日本では整備されていないことから、違法とは断定されていません。
その一方でこのギャンブルを認める法律もないことから、グレーゾーン的な位置付けとなっているのです。
その結果、日本からのオンラインギャンブラーは増えているわけです。

しかし、日本国内にオンラインカジノのサイトがあったなら、これは間違いなく違法となります。
プレイする前に、どの国で公開されているかを見定める必要がありますが、インターネットでは口コミでも、優良なオンラインカジノの情報が数多く公開されているので、非常に参考になるかと思います。

オンラインカジノの歴史

では、オンラインカジノはいつ頃から始まったギャンブルなのでしょうか?
その歴史を紐解くと、そんなに古くはなく1994年に起こった小さな国で出来事から始まりました。

その国とは「アンティグア・バーグーダ」というカリブ海にある国でイギリス加盟国の1つです。
この国で、オンラインカジノの絵運営許可証(=カジノライセンス)を発行する法律が制定されたのです。

それから、2年後の1996年に世界で初めてのオンラインカジノが生まれました。
それ以降、世界中でライセンス発行をする国が増えるとともに、カジノサイトも続々と出てきたのです。

今では、世界中に1000サイトとも2000サイトとも推測されるオンラインカジノが公開されていることから、いかにこのネットギャンブルに多くのファンが集まっているかが分かることでしょう。

詐欺サイトをけん制するカジノライセンス

詐欺サイトをけん制するカジノライセンス

オンラインカジノを運営するには、ライセンスの存在が非常に大きな役割を持っています。
というのも、2000サイトと推測されるサイトの中には、詐欺目的の悪質なサイトが隠れているからです。
これらの詐欺サイトはギャンブラーから資金を騙し取ることを目的としており、多くの人が被害に遭っています。
このようなトラブルを防止するためにも、正規な運営許可証を発行することがカジノライセンス発行の大きな役割となっています。

このライセンスを取得するためには、とても厳しい審査を受けて合格する必要があります。
カジノの運営を予定している事業者は、審査申請から合格するまでには1年以上の年月と多大な労力を費やさなければなりません。
しかも、ライセンスを取得しても、安心することができない環境にあります。
それはライセンスを発行した国とは別に第三者機関による監査を非定期で受けることが義務付けられているからです。

この監査では、配当金が正しく還元されているか、情報は正しく公開されているか、会員の情報管理には強固なセキュリティー対策で情報漏洩ができているかなどあらゆるチェックが求められています。

もし、この監査に通らないと、せっかく取得したライセンスは即座に効力を失うことになるのです。
そのためにオンラインカジノの運営者は気を抜く暇がないくらいに、組織の健全な運営を徹底しているのです。
そのことはプレイヤーが安心して賭ける楽しみを受けることができることを意味しています。
その結果、ライセンス取得は、悪質サイトをけん制する意味もあるわけです。

このように厳しい審査・監査を受けてまでも、オンラインカジノを運営するメリットは、世界中から多くのプレイヤーが集まり、多額の賭け金を集めることができるからです。

ペイアウトを見ても分かる

ペイアウトを見ても分かる

オンラインカジノを運営している事業者は、そのくらいに大きな利益を稼いでいることになりますが、それでもプレイヤーにも大きな恩恵があります。
それはペイアウト率を見ると理解できます。

ペイアウト率とは賭け金に対する配当金の還元率のことです。
この比率が大きければそれだけ、プレイヤーへの配当金が大きく恩恵もいいのです。
ちなみに競馬や競輪などの公営ギャンブルのペイアウト率は80%程度で、オンラインカジノは95%以上をキープしていますので、いかにプレイヤーにとって恵まれた環境かが理解できるでしょう。

それでもオンラインカジノの運営者は、数百万人のプレイヤーからの資金が集まるので、カジノの経営が成り立っているわけです、
オンラインカジノはプレイヤーにとっても、運営者にとっても魅力のある存在なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です